年金受給者、学生、失業中の人がお金を借りる方法とは?

年金受給者、学生、失業中の人は、なかなかお金を借りるができません。なぜ年金受給者、学生、失業中の人はお金を借りることができないのでしょうか。その理由は、返済能力がないからです。あるいは、返済能力はあるかもしれませんが返済できる可能性がそれほど高くないという理由になります。まっとうな貸し金業者や金融機関であれば、返済可能性が少ないものや返済可能性がない人に対してはお金を貸すことはほぼないでしょう。この点、専業主婦でもお金を借りることができるのは、その旦那さんに収入があるからです。夫婦は同じ財布と考えられている以上は、夫婦のどちらかに収入があれば、専業主婦であってもお金を借りることが可能です。
では、年金受給者、学生、失業中の人は、お金を借りる方法はないのでしょうか。この点、お金を借りる方法は全くないわけではありません。お金を借りる方法としては、保証人をつける方法があります。保証人をつけることができれば借りることができる可能性があります。
また、闇金業者などを利用することも、お金を借りる方法の一つになります。ただし闇金業者からお金を借りてしまうと、返済することが不可能になりますので、絶対に返済できるという自信がない限りは、借り入れをするべきではありません。最近は、クレジットカードの現金化をする業者もあります。これは闇金と違って違法ではありませんが、限りなく黒に近いグレーといわれています。そのため、業者の出所を確認しておきましょう。