カテゴリー別アーカイブ: 未分類

勤続年数(勤務年数)が1年未満の場合おまとめローンは借りられる?

借金をひとまとめにできるおまとめローンは、借金問題解決のための切り札となりうる存在です。複数の金融機関から借りている借金を一本化できれば、安い金利を利用することができ、返済スケジュールの管理も容易になります。
しかしおまとめローンは借入希望額が高額になることが多いため、やはりおまとめローン審査に合格するのは厳しくなってきます。ローンの審査は借入希望額が高額になればなるほど、金融機関にとってのリスクが高くなるので審査のハードルも上げられてしまうのです。したがっておまとめローンを利用してお金を借りる場合は、できる限り自分の信用力を上げておくことも必要です。
おまとめローンの審査における重要な項目の中に、勤続年数があります。銀行などの金融機関がおまとめローンの利用者に求めるのは第一に安定性です。収入の多さも確かに重要な要素となるのですが、金融機関としては確実に返済してもらえると信用できるかどうかがとても大切になるのです。勤続年数の長さはこの信用力に直結します。同じ勤務先に長く勤めている人は、収入だけでなく人間としても安定してるとみなされるのです。
そこでどれくらいの勤続年数が必要になるかというと、これは金融機関によって異なりますが、銀行を利用する場合は少なくとも1年以上の勤続年数は必要になるとされています。住宅ローンなどを利用する場合、3年以上は勤続年数が必要なことも多いので、1年以上というのは妥当な数字とも言えます。勤続年数が1年未満という人は1年が経過するのを待ってから申し込んだほうが無難ですが、どうしてもそれまで待てないという人は、給与振り込み先になっている金融機関で相談してみるのもひとつの方法です。